古くから神の宿る山として信仰されている宝満山。
その宝満山に大宰府政庁の鬼門(北東)除けとして創建された神社が宝満宮竈門神社です。

最近は良縁(縁結びの神様)として人気のある竈門神社ですが、元々は桜の名所として太宰府では有名な神社です。

神社内に広い公園があるため、お弁当を食べながらの花見もできます。
夜になるとライトアップされるため、夜桜宴会のための場所取りがされていました。。

2012年に社務所が新しくなり、ピンクを基調とした社務所は神社の桜をさらにかわいらしく見せてくれます。

2018年の春は世界的なフラワーアーティストニコライバーグマンの作品が3月29日-4月1日まで竈神社でも開催されました。
桜が満開だったこともあり、竈神社はとても華やかで、恋愛成就できそうな雰囲気満載!

西鉄太宰府駅から発車するコミュニティバス
『まほろば号』を利用すると
100円で竈門神社に行けます。

”福岡県太宰府市内山883”